キャッシングカードを持っておりますが利子が高い水準のように思っていて、金融機関へ問い合わせしてみましたが、お客様は無担保ですからそういった利率契約なんですと告げられてしまいました。担保のないカードとは如何様な事なのでしょうか。こういった疑問点に回答していきます。担保というのが存在するという意味はどういう状況に対する事を言うのでしょう。キャッシングなどの場合使用目的というのが自由となっている借り入れなどで担保契約していない場合というのがたいていでありそのことを無担保借り入れなどと呼ぶのです。かえって自動車ローン等というものは購買するものというのが決定していますので、購入したものに抵当権を契約していきます。こういったものが有担保フリーローンというように呼称されます。有担保融資に関してのプラスというものは引き当てが有る分利子が低い数値に設定されている点です。しからば借入に担保などを契約しておくことで利息を低い金利にしておく方が得する希望するかもしれないのですけれどももし支払い不能になった際は担保対象物件を取られてしまうことになってしまいますから、そんな無策な事をしたいといった方というのはいないでしょう。実際担保などを契約設定可能なカードキャッシングも有るのですけれども、せっかく自身の信頼性のみにより借入できてしまうので、些細な利率に対する差額くらいは目をつぶろうと考えるのが通常だったりするのです。そして月給取りのような、収入の安定しているひとは信用もありますから、強いて担保というようなものを差し入れなくても金融機関のカードを契約することといったようなものが出来、個人事業主の場合だと所得というものが一定していないという理由で担保の設定を要求されてしまうことも存在したりします。クレジットカード会社というのは貸し出ししたというだけでは売り上げが上がりません。貸し金回収してから始めて儲けを上げられるわけなので至当な要請でしょう。それゆえ無担保で借りられる信用性が存するといったことは大きな意味が有ったりするのです。